遠近両用コンタクトレンズの口コミおすすめガイド
遠近両用コンタクトレンズの口コミおすすめガイド > 老眼の人にこそオススメしたい遠近両用コンタクトレンズ

老眼の人にこそオススメしたい遠近両用コンタクトレンズ

もともと近視でコンタクトレンズを使っていた方が老眼になると、手元が見づらくなります。近くを見るときだけ老眼鏡を使うのもひとつの手ですが、メガネをかけたり外したりといった点が不便です。

老眼用のコンタクトレンズ、「遠近両用コンタクト」というのをご存知ですか? バイフォーカル、マルチフォーカルと言ったりもします。

通常のコンタクトレンズだと、遠くを見るための度数が1つしか入っていません。これに対して遠近両用コンタクトレンズは、遠くを見るための度数と近くを見るための度数が1枚のレンズに入っています。このため遠くも近くも見ることができるのです。

ただし、遠近両用コンタクトレンズが遠くも近くもすっきりと見える万能のレンズというわけではありません。むしろ遠くもある程度見え、近くも不便のない程度に見える、くらいに考えたほうがいいかもしれません。

老眼が入ってきて最近辛くなってきたという方におすすめしたい遠近両用コンタクトレンズについてご紹介します。 

そもそも老眼って何?

遠近両用コンタクトレンズの紹介をする前に、老眼ってそもそもどういう状態でしょうか?

老眼とはその名の通り、目に起こる老化現象のひとつです。

私たちの目はもともとオートフォーカス機能をもち、目の中の水晶体を膨らませたり薄くさせたりすることでピント調節をしています。たとえば近くのものを見るときは、水晶体を厚く膨らませ、近くのものにピントを合わせて見ているのです。

ピント調節には水晶体の弾力性が不可欠ですが、残念ながら加齢とともに低下していきます。

すると、いくら筋肉を収縮してもピントを合わせられず、近くのものが見にくくなります。また、水晶体の厚みを調節する筋肉にも負担がかかってしまうので、目が疲れやすくなります。

疲れ目だと思っていると、じつは老眼が進行していたという場合もあるので注意が必要です。

遠近両用コンタクトで老眼の治療ができるの?

老眼は目の病気ではなく、年齢とともに自然に起こる老化現象です。病気ではないので治療することはできませんし、水晶体の弾力が失われてしまうとそれを回復する手立てもありません。

老眼になった場合は、眼鏡やコンタクトレンズなどで快適な視力が得られるよう調節するのが唯一の対処法といえます。

遠近両用コンタクトを使ったからといって、決して老眼が治るというわけではありません。

コンタクトを使った老眼への一般的な対策方法

人は誰でも老眼になります。そこで老眼の不便さをなくすための対策が必要です。ここではコンタクトレンズ、または老眼鏡と併用することで不便な生活を改善する方法をご紹介します。

近視用コンタクトレンズの度数を下げて老眼へ対応する

遠方視力を下げれば、近方視力を向上させることができます。たとえば今まで1.5くらい見えていたのを、度数を弱くして1.0くらいまで見えるものに変えます。これで近くがすこし楽に見えるようになります。

老眼の初期の方はこの方法で乗り切れます。

通常のコンタクトレンズの上から老眼鏡を使う

遠くを見るときはコンタクトレンズ、近くを見るときはその上から老眼鏡を併用する方法です。

この場合、眼鏡をかけたり外したりする煩わしさはありますが、矯正力という点では優れています。コンタクトで遠くがバッチリ見え、老眼鏡で近くのものをすっきりと見ることができます。

また、遠近両用コンタクトは慣れるまでに時間がかかったり、人によっては気持ち悪くなったりします。そんな方にもおすすめの方法です。

度数の違うコンタクトレンズを複数併用

デスクワークなど近くを見る時間が多い日は近くにピントが合ったコンタクトレンズを使い、ゴルフなど遠くを見る時間が多い日は遠くにピントが合ったコンタクトを装用します。

ただし、一日になんどもコンタクトを付け外しすることはできませんので、その日、一日はどちらかのコンタクトで過ごすことになります。デスクワークの仕事でほとんど囲碁かないという場合以外はあまり使えない方法かもしれません。

遠近両用コンタクトレンズを利用

老眼鏡の使用が煩わしい方、通常のコンタクトの度数調整では見づらいという方におすすめしたい対策方法です。

同じコンタクトレンズで遠くと近く、両方の視力を強制することが出来て付け外したりする煩わしさがありません。

今では若いうちからコンタクトレンズを使用していて、老眼が入ってきたので遠近両用コンタクトに変えるという方もたくさんいます。

 遠近両用コンタクトレンズのメリット

眼鏡をかけたり外したりする面倒がない

たとえばレストランでメニューを見るとき、美容院で雑誌を読むとき、電車でスマホを操作するとき、いちいち眼鏡をかけ外しするのは煩わしいものです。

遠近両用レンズなら、眼鏡をかけたり外したりする手間がなく、眼鏡を持ち歩く必要もありません。

見た目も気分も若々しくいられる

老眼鏡を初めて使うときは、自分もそういう歳になってしまったかと落ち込みがち。また職場などで老眼鏡を取り出すと、周囲に老眼がバレるのが嫌だという方も少なくありません。

遠近両用レンズなら今までと外見が変わらないので、老眼を人に知られることがなく、気分も若々しく保てます。

自分らしいおしゃれが楽しめるカラーコンタクトも

ファッションやヘアスタイルによっては、眼鏡をどうしてもかけたくない場合もあるでしょう。眼鏡だと帽子のおしゃれが楽しめないという方、そもそも眼鏡が似合わないという方もいらっしゃいます。

コンタクトなら今まで通り、自分らしいスタイルを楽しむことができます。また、遠近両用のカラーコンタクトレンズもあります。今まで以上にオシャレを楽しむことも出来ます。 

アクティブな生活が楽しめる

遠近両用レンズのソフトタイプは激しい動きにもズレたりする心配が少ないので、スポーツ時にも安心して使えます。

ジムに通うなどアクティブな生活を楽しむシニアの方が増えていますが、そんな方たちにもおすすめです。 

老眼と遠近両用コンタクトレンズのQ&A

Q.今までコンタクトを使ったことがないのですが、遠近両用コンタクトを使えるでしょうか?

A. 今までコンタクトを経験したことのない方なら、装用感のやさしいソフトタイプの遠近両用で目を慣らしていってはいかがでしょう。使い捨てのもので試すこともできます。

それでもやはり合わない方も中にはいるので、眼科医に相談してみることをおすすめします。

Q.老眼を矯正すると早く進むと聞きましたが、本当ですか?

A.老眼は老化現象なので、矯正する、しないに関係なく年齢とともに進行していきます。老眼が進むのを気にして、見にくいのを我慢する方もいるようですが、早めに対処したほうがいいでしょう。

すっきりした視界を得られることで、仕事も趣味も快適に取り組めますし、ストレス予防にもなります。

Q. 遠近両用コンタクトと遠近両用眼鏡では見え方に違いがありますか?

A.遠近両用眼鏡の場合、レンズの上部に遠くを見るための度数、下部に近くを見るための度数が入っているので、遠くと近くで目線を切り替えて見ます。

一方、遠近両用レンズの場合は、遠く用と近く用の度数が同じ場所に入っているので目線を切り替えることなく見えますが、見え方の質がやや低下することがあります。