Warning: Use of undefined constant page - assumed 'page' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/primarytext/contact-check.com/public_html/wp/wp-content/themes/contactcheck/page.php on line 3
遠近両用コンタクトレンズとは?どんな仕組みで見えるの?|遠近両用コンタクトレンズの口コミおすすめガイド
遠近両用コンタクトレンズの口コミおすすめガイド
遠近両用コンタクトレンズの口コミおすすめガイド > 遠近両用コンタクトレンズとは?どんな仕組みで見えるの?

遠近両用コンタクトレンズとは?どんな仕組みで見えるの?

遠近両用コンタクトレンズとは、老眼用のコンタクトレンズです。

普通のコンタクトには、遠くを見るための度数が1つしか入っていません。これに対し遠近両用コンタクトレンズは、遠くを見るための度数と近くを見るための度数が1枚のレンズに入っています。

このため遠くも近くも見ることができるのです。眼鏡をかけたり外したりといった面倒がなく、1枚のレンズで遠くも近くもカバーできてすごく便利です。

そろそろ近くが見づらくなってきたという方、老眼鏡よりスマートなコンタクトレンズを使いたいという方は、検討してみてください。

遠近両用コンタクトレンズの仕組み

遠くも近くも見えるというのは、どういう仕組みになってるんでしょうか?

大きく分けて「交代視型」と「同時視型」の2つの見える仕組みがあります。

交代視型 (ハード用)

交代視型の仕組みは、レンズの中心に遠くを見る度数、周辺部に近づくにつれて近くを見る度数、と場所によって違う度数が入っています。老眼鏡と同じように、手元を見るときはレンズの下半分を通してみることになります。

交代視型はハードタイプに採用されています。

同時視型 (ソフト用)

同時視型の仕組みは、遠くを見る度数と近くを見る度数が場所によって変わるのではなく、同じ場所に重なって入っていて、遠近両方に同時にピントが合います。装用者は遠くの像と近くの像を同時に網膜に写し、脳の中で必要なものを選択して見ることになります。

こんなことができるのかなと疑問に感じるかもしれませんが、人は無意識のうちに見たいものを脳の中で選択しています。同時視型は、この目と脳のしくみをうまく利用して作られているのです。

同時視型はソフトタイプに採用されています。

メリット・デメリット

遠くも近くも見える便利な遠近両用コンタクトレンズですが、だからといって万能というわけではありません。デメリットもありますので、仕組みや見え方から自分に適してるかどうかはちょっと考える必要があります。

メリット

眼鏡をかけたり外したりする煩わしさがない

手元を見る時、あるいは遠くを見る時に、いちいち眼鏡をかけたり外したりする手間がなく、眼鏡を持ち歩く必要もありません。

眼鏡よりも視界が広い

コンタクト全般的はメリットととして、眼鏡に比べて大きな視界が得られます。

眼鏡の違和感がない

今まで通り眼鏡なしで過ごせますから、美容面・おしゃれ面から眼鏡を敬遠する方にもすすめられます。

老眼になったからといって急に老眼鏡を使い始めるのに抵抗がある方にはおすすめです。

デメリット

すっきり見えるとは限らない

その仕組み上、遠くも近くもすべてがクリアに見えるとは限りません。シビアな度数が必要な方は眼鏡のほうが適しています。

強度の乱視には適さない

乱視が強い方は、使えない場合がありますので、眼科医にご相談ください。

遠近両用コンタクトレンズの使用に向いている人

遠くも近くも見えるという便利な仕組みになってますが、はっきり見える、クリアに見えるという見え方を重視する人にはあまり向いてません。

見え方の機能性よりも、メガネの煩わしさなど利便性、ファッション性を求める人向きです。

  • これまでコンタクトレンズを使っていて慣れている人
  • 眼鏡をかけずに遠くも近くも見たい人
  • すべてがクリアに見えなくても、遠くも近くもほどほどに見えたらいいという人
  • 見え方に神経質でない人
  • 乱視がそれほど進んでいない人
  • 接客業などイメージを大切にする人
  • 年齢を意識しないで今まで通り若々しく過ごしたい人
  • 老眼鏡には抵抗がある人
  • スポーツなどアクティブな生活を楽しみたい人
  • おしゃれなファッションや髪型を楽しみたい人

ソフトタイプとハードタイプの違い

普通のコンタクトと同じように、ハードレンズタイプとソフトレンズタイプの2種類があります。ほとんどの方はソフトタイプになると思います。

ソフトタイプは、使い捨てタイプと従来タイプに分かれ、使い捨てタイプの中には、1日タイプ、1週間タイプ、2週間タイプなどがあります。また、素材が柔らかいので激しい動きをしてもズレにくく、スポーツ時などにも適しています。 

さらにはメーカーや製品により、度数の入り方が異なるさまざまなものが販売されています。

自然な装着感を望む方、老眼がそれほど進んでいない方、手軽な使い捨てなど、基本はソフトタイプをオススメします。

乱視が進んでいる方、老眼が進んでいる方はソフトタイプでは対応ができませんので、ハードタイプのレンズになります。

遠近両用コンタクトレンズの度数

通常のコンタクトを購入する際には、レンズの強さを表す度数(D/PWR/SPH)、カーブの度合いを表すベースカーブ(BC)、大きさを表すレンズ直径(DIA)などの数値データが必要です。

遠近両用コンタクトレンズはそれに加えて、ADDと呼ばれる手元補正用の数値も必要となります。

ADDは加入度数ともいい、遠くを見るための度数と近くを見るための度数の差で、加入度数が上がるほど老眼が進んでいることになります。

メーカーや商品によって多少の違いはありますが、ADDは+1.00から+3.00くらいまでの数値が一般的で、数値が大きくなるにつれて近くが見やすくなります。

加入度数を上げると近くが見やすくなりますが、上げすぎると滲んで見えにくくなることもあります。

初めて購入する場合は、度数、BC、ADDなどの数値データをきちんと調べなければならないので、眼科医の処方を受ける必要があります。

使用者の声

実際に遠近両用コンタクトを使っている方の感想を集めました。参考にしてください。

使い始めたきっかけ

●近視用のコンタクトを長年使っていましたが、新聞などの細かい文字が見えにくくなってきたので。(40代女性)

●若いうちから近視でコンタクトを使っていましたが、最近パソコンを見ていると、目が疲れるようになりました。(40代男性)

●暗いところでは文字が読みづらいです。またレストランのメニューなども見にくくなってきたのをきっかけに。(50代女性)

●コンタクトと老眼鏡を併用していましたが、それもだんだん面倒になってきて…。(50代女性)

●書類をサインするときなど、職場で眼鏡をかけたり外したりするのはスマートじゃないから。(50代男性)

眼鏡でなくコンタクトを選んだ理由

●近視用コンタクトを使い続けていて、慣れているから。(50代女性)

●今までコンタクトレンズだったので、眼鏡をかけると急に老けたように見られるのがイヤ。(40代女性)

●眼鏡だとジムへ行ったときに不便なので、思い切ってコンタクトレンズにチャレンジしました。(50代男性)

●細かい文字を読むときだけ眼鏡をかけると、周囲に老眼だとバレてしまうから。(40代女性)

●眼鏡は似合わないしおしゃれじゃない。年をとっても好きなファッションや髪型を楽しみたいから。(50代女性)

コンタクトのいいと思うところ

●眼鏡よりも視野が広くていいと思う。(50代男性)

●眼鏡は帽子をかぶりにくい。その点コンタクトならうっとおしくなくていい。(40代女性)

●寝転んで読書をするのが好きですが、眼鏡はジャマになるのでコンタクトのほうが便利。(50代女性)

●マスクをつけると眼鏡だと曇る。(60代女性)

●温泉巡りが趣味ですが、眼鏡をかけて入れないので絶対コンタクトが必要です。(40代女性)

無料体験で試してみよう

初めて使う方は、自分に合うかどうか、見え方はどうなるのか、などいろいろ気がかりな点もあることでしょう。そこでまずは無料体験をしてみることをおすすめします。各メーカーの販売店では、無料体験をできるところが多くあります。

また、購入前には必ず眼科医の検査・処方を受けることが必要ですが、多くの販売店では同じスペースで眼科医の診察を受けることもできるようです。あるいは近所の眼科医で先に診察を受けてから、販売店を紹介してもらうこともできます。

遠近両用コンタクトレンズは実際につけたときの状態が重視され、同じ度数でも見え方が大きく異なるといわれています。

インターネットで購入しようとする場合も、必ず一度は眼科医の診察を受け、まずは体験してから判断されることをおすすめします。

遠近両用コンタクトレンズ Q&A

Q. 使用できない人ってどんな人?

まず乱視が進んでいる方は使えない場合が多いです。

それ以外にも、重症のドライアイ、アレルギー性結膜炎、角膜知覚過敏のような方はどんな種類のコンタクトレンズでもトラブルを起こす可能性が高く、装用を避けたほうがいいでしょう。

Q. 夜間の運転は大丈夫でしょうか?

遠近両用コンタクトレンズは遠くも近くも見えて便利な反面、見え方の質が低下することもあります。

とくに暗くなってからの運転は、光が滲んで見えたり、標識が見えにくくなることもあるようです。運転を毎日するような仕事には向かないといえます。

Q.眼鏡を併用できるの?

1枚のレンズで遠くも近くも矯正できるため、通常は眼鏡をかける必要がありません。

ただし、さらに細かい文字をくっきり見たいときなどに、弱い度数の近用眼鏡を併用することは可能です。

また夜間や暗いところなどで遠くが見にくいという場合、弱い度数の遠用眼鏡を併用することもできます。

Q.何歳くらいまで使える?

数年前から普及しだしたため、現在のユーザー層は、40代から60代くらいの方が大半を占めています。

若いうちからコンタクトレンズを使っていた人たちが老眼世代に入り、近年は使用者がどんどん増加する傾向にあるようです。

もともと近視の方は老眼の進みが遅いため、近くの視力をシビアに求めなければ70歳を超えても使える場合もあります。

Q.慣れるまで時間がかかる?

個人差があるので一概には言えませんが、ソフトタイプの場合は1週間から2週間前後で、ハードタイプの場合でも2週間から1カ月程度で慣れる方が多いようです。

コンタクトレンズに慣れている方なら、もっと早く適応できるかもしれません。

一般に適応力は若いほうが優れているので、早めに使い始めるほうがスムーズに移行しやすいといえるでしょう。



Warning: Use of undefined constant page - assumed 'page' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/primarytext/contact-check.com/public_html/wp/wp-content/themes/contactcheck/page.php on line 28