遠近両用コンタクトレンズの口コミおすすめガイド
遠近両用コンタクトレンズの口コミおすすめガイド > 乱視でも遠近両用コンタクトレンズは使える?

乱視でも遠近両用コンタクトレンズは使える?

老眼が入ってきたので、遠近両用コンタクトに変えたい。でも、乱視があるんだけど使えるんだろうか?

っという疑問をいだいてる方は結構多いです。

乱視があっても、今、普通のコンタクトレンズを使用されている方は、まず問題なく遠近両用コンタクトレンズも使えます。

遠近両用のソフトコンタクトレンズの場合は、乱視を補正する機能はありませんが、乱視の程度がそれほど進んでいない方なら不自由なく使えるケースが多いです。

コンタクトやメガネを使ってる人の大半は、ある程度の乱視が入っているのが普通です。ですので、今、使ってるレンズが乱視用のコンタクトでなければ、遠近両用に変更することは基本的に可能です。

眼科医に一度、相談してみてください。

乱視って何?

「近視」や「遠視」の見え方については何となくイメージしやすいのですが、「乱視」とは一体どんな見え方をするものなのでしょうか。

近視、遠視、乱視の3つの見え方の違いを比較してみました。

近視

私たちがものを見るとき、目に入る光はレンズの役割をする部分(角膜と水晶体)で適度に曲げられ、目の奥の網膜上でピントを結んで見ています。

目の良い人(正視)はピントを網膜上でしっかりと結ぶのに対して、近視の人は網膜の手前でピントを結んでしまい、像がぼやけてしまいます。この状態を近視といいます。

遠視

近視が網膜の手前でピントを結ぶのに対して、遠視は網膜の後ろでピントを結んでしまう状態です。

遠視は遠くがよく見えると思われがちですが、網膜より後ろでピントが合っているため、網膜上にピントを合わせるには調節力が必要です。調節力の強い若いうちはいいですが、調節力が衰え老眼が入ってくる年齢になると、遠くも近くも見にくく疲れやすい目となります。

乱視

近視や遠視は網膜上からズレてはいるものの、網膜の手前か後ろのどこかでピントは合います。

これに対して乱視は、角膜や水晶体といった目のレンズの役割をする部分がゆがんでいるため、どこにもピントが合わない状態をいいます。つまりどこにも像を結ぶことができないので、ボケて見えたりだぶって見えたりするのです。

乱視の症状ってどんなもの?

乱視になると、遠くのものも近くのものもくっきりと見えません。たとえば、こんな状態になります。

  • 文字がブレたりだぶって見える
  • VとW、3・6・8・9などが判別しにくい
  • 時計の針がだぶって見にくい
  • 月が2重に見える
  • 運転中、道路標識や信号がぼやけて見にくい
  • 気がつくと目を細めて見ていることが多い
  • 目が疲れやすい
  • 長く見ていると肩こりや頭痛がする

乱視は矯正するべき?

近視や遠視に比べて、どこにもピントが合わない乱視は何だか厄介そうと思われる方もいらっしゃるでしょう。でもじつは、ほとんどの人に乱視があるともいわれています。身体にゆがみがあるように、目のレンズにも多少のゆがみがあるのは自然なことなのかもしれません。

そこで問題になるのは乱視の程度です。弱い乱視の場合なら、画像のボケは脳で修復されるので矯正する必要がないといえます。

しかし乱視が強い場合は、画像のボケも大きくて脳で修復することはできません。そうなると見えにくくて不便ですし、疲れ目の原因にもなってしまいます。このような強度の乱視は矯正の対象になります。

遠近両用コンタクトレンズでの乱視を補正する仕組み

乱視の矯正は、以前は硬く光学性の高いハードコンタクトレンズが主流でしたが、現在では乱視矯正用のソフトレンズ(トーリックコンタクトレンズ)が開発されています。

トーリックコンタクトレンズによる乱視矯正のしくみは、簡単に説明すると、角膜のゆがみの方向と反対のゆがみを持ったレンズを入れることで、互いに打ち消し合ってゆがみをなくすということになります。このためレンズの向きを正しくキープすることが重要です。

通常のコンタクトレンズはまばたきの度に少しずつ回転しますが、トーリックコンタクトレンズは常に正しい位置に安定させるよう、レンズ上下の厚みを変えたり、レンズの一定方向に重心を持たせるなど、特殊なデザインが施されています。

乱視・老眼でコンタクトと眼鏡を使いこなすには?

もともと乱視だった人が老眼になった場合、どのような対策が考えられるでしょうか。

海外には遠近両用で乱視のコンタクトレンズというのがありますが、日本では現在のところ、そのようなコンタクトレンズは販売されていません。

そこでコンタクトレンズと眼鏡を組み合わせることが必要になります。

乱視用コンタクトレンズと老眼鏡の併用

遠くを見るときは乱視用コンタクトレンズで見て、手元を見るときに老眼鏡を併用します。

遠近両用コンタクトレンズと乱視用眼鏡の併用

普段は遠近両用コンタクトレンズを装用し、パソコンを見るときなどは乱視用眼鏡を併用します。

軽い乱視なら、遠近両用だけで対応できます。

これまで裸眼、あるいは近用コンタクトレンズを使っていて老眼が入ってきた場合、遠近両用コンタクトレンズを試してみるといいでしょう。